女性は性欲を満たすことによってより美しくなる

うつ病と女性の性欲

うつ病と女性性欲

性欲の悩みからうつ病にまでなることがあります。女性の性欲の悩みは誰にうちることもできずに重症化してしまうケースを紹介します。

 

その女性は30代後半で子供がいました。初めて精神カウンセリングを受けた時にはひどく暗い感じで、家族がいるのに孤独感がひどかったようです。

 

女性の訴えは、子供を産んだ後のマタニティブルーがひどかったようです。毎日つらくて、つらくて、理由もないのに声を出して泣いてしまう日もあったようです。

 

カウンセリングの前に病院に診察に言ったらうつ病だと診断されたようです。もちろんそれ以前から旦那に支えられていたのですが、支えられている自分が嫌でもありました。

 

長い間このような状態が続いていたので、旦那とセックスをするということもエッチについて考えることもはありませんでした。

 

そんな中旦那が転勤族だったこともあり、単身赴任が始まりました。最初のうちは何度もその話は妻の精神状態を理由に会社の方に断りを入れていたのですが、会社への今後の道が閉ざされるか単身赴任を断るかの二択を会社から迫られ、単身赴任をとったようです。

 

旦那も妻とずっとエッチをしていなかったので、単身赴任の開放感があったのか、若い女性と不倫関係に陥ってしまいました。そうなると夫婦の気持ちの修復が難しくその女性はうつ病と旦那の仕打ちとの二つの大きな問題をかけなければならなくなりました。

 

カウンセリングに訪れたのはそんな時だそうで、本当は死ぬことを考えてここへ来たようです。

 

意思のカウンセリングでは、特に話を聞いてもらい時には体をタッチしたり、ハグしたりという内容でしたが、その女性はそれが特効薬だったようで、心の苦しみを受け止めて、死にたいと考えることはなくなりました。心が落ち着いたのです。

 

この女性が症状が治まってから自分の症状を分析すると、マタニティブルーの原因は旦那とのセックスレスが原因だと分析されています。

 

あのころはお互いに子育てに忙しく、エッチをすることが極端に少なくなったのです。
そのため女性は性欲を処理できず、かといって自分から旦那を誘えずといった環境から、考え方がおかしくなり始めたといっています。

 

このケースは紛れもなく、女性の性欲が健全に処理できなかったことによりうつ病が発症したのです。