女性は性欲を満たすことによってより美しくなる

自分に合った性生活を

性行動と言うのはプライベートな行為であるにもかかわらず、多くの国や社会、社会概念、常識と呼ばれるものが存在します。

 

自分の感性を殺してでも、周りに合わせないと常識的な、普通のいき方に合わせている多くの人の心の中には、人と違った性的行動を持つ人たちや、人と違った生き方をする少数派たちをお菓子な人として偏見する気持ちが強いのです。

 

特に女性の場合、結婚出産に関しては、そのような傾向が強いのではないでしょうか?今の日本では子作りのためのセックスと、婚姻関係を維持するセックスだけが認知されたものとして確立しています。そこから外れたセックスは、例えば同性愛者のセックス、高齢者のセックス、障害者のセックスなど、少数派の性行動はどんなにお互いが真剣であっても変わり者扱いされタブー視されています。

 

さすがに未婚者のセックスをとがめる声は少なくなってきましたが、見込んでも子供を産む女性は、非難の目が少なからず向けられます。逆に結婚していても子供を作らない夫婦も変わり者扱いされます。

 

同性愛は、おかしな行動をとる異常な人たちとして、これを禁止する法律のある国もあります。施設にいる老人ホームの入所者は、介護者の管理下に置かれ愛を温める環境がありません。障害を持った人たちは、性を持つ人格を求められず恋を語ることも、子供を産むことの分不相応と思われています。