女性は性欲を満たすことによってより美しくなる

性器は清潔を保ちましょう

性器は清潔を保ちましょう

男女とも、性器周辺は清潔にしておきたいという気持ちを持っている。その気持ちはお互いに理解できます。特に女性の場合は膣からの織物が多少なりとも出てくるので、不快なにおいがしているのではと、しばしば不安になるものです。

 

 

だから女性はいろいろな手段を使おうとする。香水を付けるのも始めは性器周辺のにおいを消すために考案されたと言われています。

 

 

しかし、女性の性器はあまり水などで洗うことはよくないのです。それは、清潔にし過ぎると、皮膚を守る酸のカバーが破壊されてしまい、膣に病原菌が広まるのを後押ししてしまうことになるからです。

 

 

基本的には、性器近くを毎日1〜2度きれいなぬるま湯で洗えば、それで充分です。その時はソフトな洗浄ローションを使うのがいいでしょう。浴用タオルはお勧めできません。

 

 

あらゆる最近にとって理想的なたまり場になることがあるからです。次いで体を綺麗に拭きましょう。湿気と温かみが好きな最近の広がりを防止するためです。

 

 

医者が特別な理由でアドバイスした場合を除けば、膣洗浄は全くの無意味ですし、有害なことさえあります。なぜなら、通常、膣は自然にきれいになっているからです。

 

 

それは、膣内に生息しているバクテリアが乳酸を生成して、膣内が賛成環境になっているから病原菌などはたいてい殺されてしまうからです。

 

 

膣洗浄をしたら、逆にそうしたバクテリアを殺してしまうことになるので、膣内の自然な賛成環境をダメにしてしまいます。本来の目的とは逆の結果を導いてしまうのです。

 

 

つまり、有害な菌が容易に侵入してきて炎症を引き起こしたりしてしまうかもしれません。

 

 

そうすれば、かゆくて仕方がなくなり、ヒリヒリしてセックスどころではなくなります。織物も大量の出て、その種類と量によっては悪臭を放つことも想定されます。